読みたい記事の写真をクリックして下さい

Prof.

ユウェル-Juweel-

HEISEI ROY’S 8th NIPETOS
-ヘイセイ・ロイズ・エイスニフェトス-

2009.1.27生誕
2009.5.6より暮らし始める
Eセター フィールドタイプ
滋賀竜王平成犬舎出身

父:ヘイセイ・サンライズ・ウィリー
母:ヘイセイ・ビーバーズ・リサ

記事検索
月別アーカイブ
デイトレ
今まで見たことないような大災害の映像をTVで見て非常にショックを憶えております

かなりの広範囲そしてかなりの方々が被災にあわれており
現在もまだ安否の確認されていない親族、友人、知人の方も多くおり
心配している日々を過ごされていると思います

心よりお見舞い申し上げます


わたくし事ですが、現在もアランのブリーダーさん(宮城県仙台市郊外)の安否の確認はとれておりません
非常に心配しております

また、以前通っていた乗馬クラブクレインの施設が2施設あり
直接知人であるSTAFFさんや馬たちはいないのですが
心配しておりました

私が直接確認した情報ではないのでここで詳細を述べることはしませんが
mixiのクレインコミュにおいて、ほかの営業所の会員さんがSTAFFさんに確認した情報も掲載され
現状を確認した次第です



関東地方も含め、被災された方のお話によるとやはりtwitterが一番つながりやすかったようです
私はアカウントは持っているのですがほとんど活用したことがないので
これを機会にちょっと覚えなきゃな~と思っています



twitterで被災地の迷子ペットによる情報関連の記事がありましたので記載します

twitter被災地迷子ペットタグ「#lostpetjapan」
mixiコミュ「東北太平洋沖地震の動物コミュ

多くの飼い主様とペットたちが一日も早く再会し、平穏な日常を取り戻せますよう願ってやみません




またtwitterのツイートの中で避難時のペットの食事に関する記事をを見つけましたので
今後のためにも転載させていただきました(転載OKとのことでしたので)





以下、転載内容となります

1103122避難時のペットの食事に関するアドバイス

被災者の皆様、そしてそのご家族・ご友人・関係者の皆様、
そして大切なペットたちにも大事が無いように、
心からお祈りいたします。

避難などで、
ペットの食事に関するアドバイスです。
無添加フードが少ない、
もしくは無くて困っている場合です。
*このアドバイスは転送可能です。困っている方に転送下さい。


1。無添加ペットフーが少ない場合で、
  ごはんや野菜、お肉がある場合は、
  半分ぐらいまで、
  愛犬ならごはん6と野菜2、肉2ぐらいの割合、
  愛猫ならごはん4と野菜2、肉4ぐらいの割合、
  適当でかまいませんのでまぜてあげて、
  できればスープや水などをかけ、
  塩分や糖分などの味付けをせずに食べさせてあげてください。
  ペットフードは総合栄養食ですが、
  緊急時ですし、
  短期間ですし、
  この程度なら栄養バランスを大きく崩しません。


2。無添加ペットフードがなく、
  ごはんや野菜やお肉などがある場合は、
  手作りごはんが作れたらつくりましょう。
  愛犬ならごはん6と野菜2、肉2ぐらいの割合、
  愛猫ならごはん4と野菜2、肉4ぐらいの割合、
  火が使えるようでしたら、
  お肉と野菜を軽く煮て、
  冷ましてからごはんをいれて、
  クッパのようなヒタヒタごはんでオーケーです。
  火が使えない場合は、
  混ぜて水をかけるだけでもオーケーです。
  ある程度適当でかまいませんのでまぜてあげて、
  塩分や糖分などの味付けをせずに食べさせてあげてください。
  ペットフードは総合栄養食ですが、
  1日の給仕量が愛犬の頭蓋骨の大きさ程度が目安です。
  緊急時ですし、
  短期間ですし、
  あまり難しく考えないでください。


3。配給のおむすびなどしかない場合、
  人間用に塩分の高い具や塩で味付けされているので、
  具をとりのぞき、
  ごはんを軽く水で洗って塩分などを落とし、
  水をかけてヒタヒタごはんでオーケーです。
  ペットが食べてよい野菜なら生であげてもいいです。
  緊急時ですし、
  短期間ですし、
  あまり難しく考えないでください。


4。便が安定しなくなる可能性があります。
  これは日頃食べていない食事を摂取して、
  腸内細菌がその対応に追いつかない可能性が高いです。
  無糖ヨーグルトで整腸してあげたり、
  長い子でも数日で安定すると思います。
 

被災で精神的にも余裕がないと思います。
緊急時ですし、
短期間ですし、
あまり難しく考えないようにしましょう。

また、質問やお問合せは
0120−62−1179
もしくは、
staff@ecozakka.com まで。


ともかく明るくペットとの素晴らしい時間で癒されながら、

皆でのりきりましょう!

明けない夜はありません。

がんばりましょう!


掲載元1103122避難時のペットの食事に関するアドバイス1103122避難時のペットの食事について
掲載サイト様わんのはな

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ